MENU

ムクナ豆の成分

 
このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

ムクナ豆

ムクナ豆の概要

ムクナはインド原産のマメ科のつる性の植物で豆には豊富な栄養が含まれており、※L-ドーパ を豊富に含んでいるのが特徴です。(日本名 八升豆)

 

医学分野でも高い評価を受けており、古代インドの漢方医学の代表的な生薬として使用され、数千年の歴史があるインドの医学書「アーユルヴェーダ」にもムクナの事が書かれています。

 

※Lドーパ:神経伝達物質であるドーパミンの材料になる成分のこと。

 

 

 

ムクナの効果

ムクナの効果にはさまざまなものがあります。

 

 

パーキンソン病を予防、改善する効果
Lドーパが体内に吸収された後、脳内で神経伝達物質ドーパミンに変化するので、パーキンソン病の特効薬としても有名です。

 

 

疲労回復効果
病気ではないけども、人よりもかなり疲れやすい体質の方はいます。

 

そういう方がムクナを摂ることで、疲れにくい体質に変わったという体験談が報告されていることから、疲労回復効果があるとされています。

 

また精力増進への効果も高いので、精力剤の成分としても注目を集めています。

 

 

 

ムクナの成分

ムクナ豆はL-ドーパの他にも、イワシと同等の必須アミノ酸を含んでいます。

 

その他、ムクナに含まれる成分は、炭水化物、タンパク質、脂質、ミネラルなど。

 

 

 

ムクナの副作用

基本的には大豆と同じなので副作用はありませんが、Lドーパの含有量は大豆よりもかなり多めなので、過剰摂取だけはしないように気をつけて下さい。

 

特にサプリなどで摂る場合は摂取量をよく見て下さい。摂り過ぎた場合は低血圧や幻覚などの症状が見られます。

 

国内では特に摂取量の上限は決められてませんが、アメリカのサプリメント会社NOW社のムクナサプリの1日の摂取量を見ると800mgとなっていますので、参考にすると良いと思います。

 

 

 

 

 参考記事
ムクナ豆にパーキンソン病予防と神経保護効果があることを示した動物実験のデータです。  http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17622977

 

 

 

その他の原料・成分をチェックする   精力剤 成分

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

サイト管理人がおすすめするNo1の精力剤!