MENU

年齢別の精力減退対策方法

 
このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

このページでは、年齢別の精力減退対策方法をご紹介しています。

 


サイトナビゲーターの若きし頃の20代の話ですが、1日に7回戦やったことがある精豪でしたが、40代の今では月に2回戦あるかどうか・・といった寂しい状況です。

 

精力減退 年齢

衰えはじめる年齢に関しては個人差がかなりありますが早い男性なら30代前半から、平均すると30代後半から精力の衰えを感じ出す男性が多いです。

 

しかし、体のケアをしっかりやれば60代であっても現役というのは十分可能で、サイト管理人の私も遅くはなりましたが、40代から精力アップのための対策を行いそれなりの結果が出てきています!

 

このページでは年代別の精力減退対策方法をご紹介していきます。

 

 

目次

 

 

 

20代男性の精力減退対策

20代 精力

サイトナビゲーター的にはちょっと想像できないのですが、最近の20代男性は20代後半頃から性の悩みを抱える方が増加しています。

 

 

まずは、出し過ぎの男性が多いということ。

 

精力剤などに頼るのは時期がちょっと早すぎます。

 

きちんと対策をとれば精力剤なしでも十分に精力は回復します。

 

20代ですとまだまだ男性ホルモンの分泌量も十分です。

 

よって、20代で弱くなってしまう原因は仕事の過度なストレス、過労、栄養バランスが崩れている、運動不足です。

 

大学時代は運動していても、社会人になったら休日でも家に閉じこもって運動をしない人が増えてます。

 

 

 

 

 

生活環境の変化
スマホでエロ動画をみる男性

最近では、マスタベなどの無料の無修正動画サイトが乱立して見すぎているというのも原因のひとつであると言われています。

 

ネット上には何万本もの無料AV動画がころがってますからね・・・。

 

それで、毎晩スマホやPCで周りにいる女性よりも綺麗なAV女優のアソコを無修正で見て抜いていると、実際の普通の女性のアソコを見てもすでに見慣れすぎてしまって・・・あまり興奮しなくなってフル勃起しないというものです。

 

 

 

私の若い時は、スマホが無かったですし、モザイクありのエロ本世代(笑)だったので、たしかにそれはわかるようなが気しますね。 AVを見すぎると本番の時の新鮮さが失われますのでご注意を。

 

適度なオナニー回数であれば、問題なしですが、やりすぎには注意です。


 

 

 

30代男性の精力減退対策

30代 精力

30代になると2回戦ができなくなり、ほとんどの男性が性欲の低下で悩み始めます。

 

 

何もせずに20代の頃のパワーをキープできる男性はまれです。

 

 

しかし、30代のころにきちんと精力減退対策をするかどうかで40代の精力が決まると言っても過言ではありません。

 

 

生活環境
20代から30代に突入すると変わってくるのが男性ホルモンの分泌量です。

 

なので、20代の時と同じような生活を送っていくと、どんどん男性ホルモンの分泌量が減少して、性欲も落ちていきます。

 

 

 

 

 

40代男性の精力減退対策

40代 精力

40代に突入すると、実際に約7割の男性が精力の衰えを感じていて、ED(勃起不全)の方が多くなってくるのも40代になります。

 

 

アルコールの飲み過ぎ
飲み会

仕事の延長でのお酒の席が増える年代とは思いますが、40代以降ではお酒の量を見直さなければならない年代です。

 

20〜30代は良いのかと言うと決してそういう訳ではありませんが、アルコールを分解する肝臓が若いので、アルコールの影響が40代よりも少ないのです。

 

お酒の量を減らす事で、精力減退を防止できる可能性は十分にあります。

 


アルコールの中でもビールが精力に関してよくありません。
その理由は、ビールに含まれているホップにはフィストロゲンという女性ホルモンと構造が非常によく似た物質が含まれているからです。

 

ビールははじめの一杯にとどめて、その後は赤ワインや日本酒、焼酎のお湯割りなどをおすすめしたいですね。

 

 

精力が落ちないお酒の量(1週間)

  • 生ビール 3杯まで(500ml×3)
  • 日本酒 2合まで

 

結構、厳しい量だと思います!

 

 

筋量の低下
40代となると、もう数十年まったく運動をしていないという方も多くなってきますが、精力を回復させるには、体力も大きく影響します。

 

まずは、ウォーキングでも構いませんので、体を動かして30代並みの体力をつけましょう。

 

運動する事で代謝が活性化し、男性ホルモンの分泌量も多くなので、精力剤を飲んだ時の作用も大きくなります。

 

40代で本気で精力回復を目指している男性なら、精力剤を服用した方が良いです。

 

はじめはお試しパックがある商品や、返金保証のある商品を選んで、自分のカラダに合ったサプリを探す事からスタートです!

 

 

 

 

50代男性の精力減退対策

 

50代 精力

50代の男性の精力に関しては、何も対策しなければどんどん枯れていく一方で、老化現象といっても良いかもしれません。 

 

 

50代男性の精力減退対策
よって、50代に突入すると総合的な対策ケアが不可欠で、精力が回復するまでの時間も30代、40代よりも時間がかかってしまうのが普通です。

 

  1. 栄養面
  2. 筋力をつけて男性ホルモンの分泌量を上げる

 

 

まずは普段の食生活を見直し、アミノ酸などが豊富に含まれている「精力剤」などもフル活用して精力に効く栄養面を充実させる。

 

※ 50代男性に向いているアミノ酸が豊富に含まれる「50代 精力剤」の一覧 

 

 

30代であれば、精力剤の栄養補給だけで回復する可能性があるのですが、50代になってくると残念ですが、精力剤を飲むだけでは回復の見込みは薄いのです。

 

というのも、ここ10数年全く運動した記憶が無いという方が多く、みなさん筋力(筋肉量の低下)が衰えています。

 

 

 運動しないといけない訳
50代男性 運動

筋力が衰えると男性ホルモンの分泌量が減るので、それに比例して性欲、勃起力も落ちてくるので、筋力を上げて男性ホルモンの分泌量をあげてやらないといけないわけです。

 

50代でも運動を続ければ40代並みの体力・筋力をつけることは十分に可能です。

 

サイトナビゲーター(40代)も近所のコナミスポーツジムへ通っており、鍛えている50代男性を実際にこの目で見ていますが、鍛えているおじさま方は本当にエネルギッシュで、40代の私ですが50代男性に明らかに負けていると実感します。

 

はじめは1日20分程度のウォーキング程度で構いませんので、体を動かす習慣をつけることからスタートして下さい。(のんびり散歩では効果が薄いです)

 

栄養面が充実しつつ、運動によって筋力もついてきたらゆっくりとですが精力も回復してきます。 地道な努力が必要ですね。

 

 

 

 

60代以上男性の精力減退対策

60代 精力

精力的にも厳しい年代にはなってくるのは事実ですが、石田純一さんが62歳で青葉ちゃんという第2子を授かったように現役バリバリという男性も数多いです。

 

60代で現役バリバリという人の共通点
やはり、栄養面でも運動面でもきっちりやっているという印象です。

 

60代では50代以上に栄養の面で気をつけなければならないでしょう。

 

60代になってくると精力だけではなく、免疫力も落ちてきますので、強精面だけでなく、健康のための成分も入っているサプリも摂取した方がよいですね。

 

 

 

 

60代では、実際に効果がある精力剤やサプリを摂っても効果を実感できるまで時間がかかるという男性が大半です。

 

飲み始めてたった1ヶ月で元気バリバリに! という60代男性はほとんどいないのが現実です。

 

では、どれくらいの期間が必要かと言いますと約200日間が目安です。

 

その理由は別のページでご紹介しています。  精力剤の服用の目安期間

 

 

続けるかどうかの判断基準
しかし、朝がスッと起きれるようになったとか、前よりは疲れにくくなった・・・というのは効果がある証拠ですので、その商品は続けて良いと思いますね。

 

2ヶ月間きちんと服用しても、全く効果を実感できない場合はカラダに合わないか、効果が無い商品の可能性もあります。

 

よって最初から定期コースなどでの購入はせずに、「これだ!」 と思えるような精力剤が見つかるまでは単品での購入を繰り返したほうがよいですね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

サイト管理人がおすすめするNo1の精力剤!