MENU

女性用媚薬

 

 

女性用媚薬フィメールRXプラス

内容量

30ml入り

価格

3,800円

1回のコスト

1,267円

販売

Online Direct Network Limited

 

 

 

女性用媚薬フィメールRXの効果

性的な興奮度がアップします! 不感症や性交痛で困っている女性も、セックスがスムーズに行えるようになります。

 

ベッドインの20分前に使用して、だいたい60分程度効果が持続します。女性器の血行がよくなって敏感になります。

 

 

 

 

20分後〜

性器の血流が増加し、感度も敏感になります。

 

 

フィメールRXプラスを飲んだ後、20分ほどでリラックスした気持ちになり、性的興奮度が高まってきます。

 

 

フィメールRXプラスの飲み方

1回の使用量はフィメールRXプラス10ml。 お好みのジュース等に混ぜて飲めばOKです。

 

  • 妊娠している方、授乳中の方は使用しないで下さい。
  • アルコールと一緒に飲まないで下さい。

 

 

 

 

女性用媚薬の副作用

フィメールRXプラスの主原料は黒マカ、クラボワスカ等のため副作用はありません。

 

 

女性用媚薬フィメールRXプラス

内容量

30ml入り

価格

3,800円

1回のコスト

1,267円

販売

Online Direct Network Limited

 

 

 

フィメールRXプラスの口コミ

結婚8年目の夫婦
夫婦仲は良い方だと思うのですが、あっちの方はというと完全にマンネリ・・・

 

そこで、会社の飲み会で後輩から、媚薬っていいですよ!という事を聞き、前から興味はあったので、どんな感じなのか?と根掘り葉掘り聞きいてしまいました。

 

後輩は男性用と女性用の媚薬をセット購入しているようなので、私も同じセットを購入しました。

 

使うまでは多少疑っていましたが、飲んだら嫁が「なんかカラダが火照る・・・お〜!!これが媚薬効果か〜と夫婦で盛り上がり、嫁の感度がいつもと違う!

 

あそこのほうもかなり濡れてヌルヌルだったので、早速挿入するとこれがかなり良いので、自分もいつになく夢中になって果ててしまいました。

 

またお世話になろうと思っています。

 
 

媚薬とは、女性の場合「不感症や性欲低下」で悩んでいる方に使われる治療薬で、精力アップや性的感度を向上させる作用をします。

 

惚れ薬の類とは違って、血行をスムーズにすることで高揚感や性的な興奮を促し、女性器の感度を上げる働きをします。

 

媚薬の用途は、セックスで得られる快楽をアップさせる目的以外にも濡れない性交痛でセックスが上手くいかないといったケースにも用いられます。

 

副作用について
女性用媚薬フィメールRXプラスは、昔から薬草として愛されてきた天然ハーブが原材料となっていますので、副作用の心配はありません。

 

最近では、女性版のバイアグラと呼ばれる新薬「フリバンセリン(ギサロ)」がアメリカで2015年に承認されるなど女性用媚薬の需要が世界的に伸びています。
(ドイツの製薬会社ベーリンガーインゲルハイムで開発)

 


ただ、フリバンセリンの方は医薬品のために、一部の女性に激しい吐き気とめまい眠気などの副作用を訴える女性もおられますので注意が必要です。

 

 

女性用バイアグラ 「フリバンセリン」

 

女性用のバイアグラの存在について色々と調べたみたところ、女性版のバイアグラというのがあるのがわかった。

 


その名前は、「フリバンセリン」 だ!

 

フリバンセリンという薬は、性的欲求低下障害(HSDD)で悩んでいる女性に処方される治療薬です。

 

男性が使うバイアグラは心臓病の治療薬として開発されましたが、EDにも効くという副産物がついてきた話はあまりにも有名です。

 

そして、フルバンセリンも元々は抗うつ薬として開発されましたが効果としてはいまいちだったが、女性のHSDDを改善する効果があることが判明し、即効性もあることもわかった。