精力剤 副作用

MENU

精力剤の副作用

 

このページでは精力剤の副作用についてご紹介します!

 

ED治療薬のバイアグラや、レビトラなどは 薬の副作用で具合が悪くなったり、最悪の場合命を落としている死亡例も数多くあります。

 

しかし、精力剤の場合は健康食品なので、食物アレルギー(アナフィラキシーショック)等を除けば基本的に命を脅かすという性質のモノではありません。

 

 

よって、副作用の強度は、ED治療薬>精力剤 というのが一般的です。

 

 

 

 

一般的な精力剤の主作用と副作用
精力剤の目的は、主に精力アップ、勃起力を上げること。
このような働きを「主作用」と言います。
それに対して、頭痛など本来の目的以外の働きを「副作用」と言います。

 

 

 

主な精力剤の副作用を挙げてみます

  • 頭痛
  • 動悸
  • 発熱(体温が上がる)
  • 下痢
  • 発疹
  • 嘔吐(吐き気)

 

 

 

サイトナビゲーターの場合は、
頭が痛くなったり、熱が出たり、下痢を起こしたり・・というのが多かったです。

 

 

 

これが精力剤の副作用か・・・


 

 

こんな風に思いました。
この事を某病院に勤めている薬に詳しい薬剤師歴5年の知人に話してみました。

 

 

すると・・・

 

 

ふむ、なるほど・・・でもですね、

 

それって精力剤が、効いている証拠ですよ・・・


 

 

 

え???

 

どういうことですか?


 

 

 

 

 

わかりやすい例が頭痛です。

 

精力剤の主な成分である「アルギニン」や「シトルリン」は、血管を広げて血流をスムーズにする作用があります。

 

だから、アルギニン・シトルリンを含む精力剤を飲むと、全体的に血管が拡がるので、ペニスだけでなく頭の血管も広がります。


 

 

 

 

ふむ、ふむ・・・


 

 

 

 

 

頭の血管が一気に拡がると、頭痛が起こるんですよ。

 

だから、頭が痛くなるというのは血管が拡がっている証拠!

 

つまり!!
精力剤の中に含まれている有効成分が効いているということです!


 

 

 

 

 

そうなんですか・・・まったく知らなかった。

 

初めて聞きました。

 

でも、頭が割れそうになるくらい痛い時もあるんですけどね。


 

 

 

 

 

たしかに、耐え難い頭痛や、吐き気、下痢の症状が続くとその精力剤を飲み続けることは難しいのかも知れないですね。

 

もちろん、そういう時は無理しない方が良いです。

 

飲む量を少し抑えたり、それでも駄目なら商品を変えてみるのもありですね。


 

 

 

精力剤の副作用のリスク

副作用のリスクを上げないよう、以下の点に注意して下さい。

 

用量は必ず守る

パッケージに書いてある精力剤の摂取量の上限は必ず守って下さい。

 

早く治したいのでもう1錠!などの自己判断は最悪です。

 

当サイトで紹介している精力剤の副作用について徹底的に調べました。
頭痛、吐き気、下痢などの一般的な症状は見られますが、重篤な症状、死亡事故は起こっておりませんのでご安心下さい。

 

 

 

 

サイトナビゲーターの場合は、

 

現在、クラチャイダムゴールドという精力剤を愛飲しているのですが、

 

クラチャイダムゴールドには「アルギニンが1480mg」 含まれています。

 

 

そして、THEGOLDにも「アルギニンが600mg」 含まれています。

 

 

しかし、頭痛が起こるのは、必ずTHEGOLDの方で、クラチャイダムゴールドを飲んでも頭痛や吐き気はまったく起こりません。

 

これが、商品に対しての相性なのかな・・・と感じます。

 

 

その他の 精力剤 ランキング を見てみる