MENU

男性更年期に出る症状と改善する4つの方法とは?

 
このエントリーをはてなブックマークに追加   

うつ症状で悩む男性

男性更年期になる主な原因は男性ホルモンの低下によるものです。

 

男性ホルモンが低下して起こるさまざまなメンタルの不調はうつの症状と似ていることから心療内科を受診する方も多いようです。

 

しかし、男性ホルモンの低下が大きな原因となってメンタルの不調が起こっている場合は、抗うつ薬などによる治療を受けても症状が改善される確率が低いです。

 

つまり、男性更年期障害に悩んでいる方というのは、男性ホルモン低下の対策を何もしていなかったという男性がほとんどです。

 

 

 

男性ホルモンはストレス耐性を高める効果がある
男性ホルモンには、ストレスに耐える能力、つまりストレス耐性を高める働きがあるので、男性ホルモンが低下していくと、ストレス耐性が下がってストレスに弱い人間なってしまいます。

 

仕事やプライベートにでかいストレスがかかっている時は、ほぼ男性ホルモン値がガクンと下がっていると考えてよいです。

 

このような時にカラダやメンタル、性機能の面からさまざまな不調がいくつも重なって表れてきますが、このような状態をLOH症候群と言います。

 

 

 うつと似たような症状
診療内科の医者
男性ホルモンが急激に低下すると、飛行機が失速するように急にやる気がなくなったり不安やイライラ、不眠、集中力の欠如、性欲の減退が現れることにあります。

 

このような場合、心療内科を受診する方が多いのですが、このような状態はうつ症状と見分けにくく、抗うつ薬の治療を受けても症状が改善される確率は低いです。

 

もし、改善しない場合は、泌尿器科などの男性更年期障害を見てくれるクリニックへ受診されることをおすすめします。

 

 

 あと、うつ病とLOH症候群が合併しているケースも少なくありません。

 

 

 

LOH症候群(男性更年期障害)チェックシート
これはハイネマンのAMSスコアというもので、LOH症候群の診断に使われる問診チェックシートになります。

 

それぞれに自分の感じる度合いに点数をつけて合計点数を出して下さい。

1

総合的に調子が思わしくない

2

筋肉・関節の痛み

3

ひどい発汗

4

眠りに関する悩み

5

よく眠くなって時々疲れを感じる

6

イライラする

7

神経質になった

8

不安感

9

体の疲労や行動力の低下

10

筋力の低下

11

憂鬱な気分

12

絶頂期は過ぎたと感じる

13

力尽きた・どん底にいると感じる

14

昔よりもヒゲの伸びが遅くなった

15

性的能力の衰え

16

朝立ち回数の減少

17

性欲の低下

1

2

3

4

5

無し

軽度

中程度

重い

かなり重い

 

合計点数が27〜36点の男性
男性ホルモンが低下している可能性がある

 

合計点数が37点以上の男性
中等以上のLOH症候群の可能性があるので、男性更年期外来など、医療機関の受診をおすすめする

 

印刷したい方はこちら

 

男性ホルモンの低下が原因なら上げてやればよい

 

男性更年期障害は、男性ホルモンの低下が原因で起こる症状ですから男性ホルモンを増やす努力をすることが重要だと思っています。

 

男性 更年期 改善

男性ホルモンを増やす様々なポイントを紹介しているので参考にして下さい。

 

 

男性ホルモンを増やすポイント目次

 

 

 

食べ物編
まずは、食事の時に玉ねぎを積極的に食べてほしいです!

 

玉ねぎはすごい食材で、玉ねぎを切る時に涙がでますよね?!

 

これは玉ねぎに硫化アリルという成分が含まれるためで、この硫化アリルには、男性ホルモンの増加効果があることが知られています。

 

よって、玉ねぎを積極的に食べることで、男性ホルモンが増加し生活習慣の予防にもなります。

 

 

玉ねぎの効能

  1. 血圧安定作用
  2. 動脈硬化の改善
  3. 健胃作用
  4. 疲労回復
  5. 血栓予防効果
  6. 殺菌作用
  7. 高血糖抑制作用
  8. 男性ホルモン増加作用

 

 玉ねぎを効率的にとる玉ねぎ氷の作り方を次のページで紹介しています。
玉ねぎ氷の作り方

 

 

 

精力増強のカギは精子を形成するセレン
セレン(セレニウム)は、亜鉛やビタミンEとともに体の抗酸化作用に重要な役割を果たしていますが、その他にも男性の精巣発達を促し、男性ホルモンの分泌レベルを増大させることが知られています。

 

 

 

 

 

生活習慣編

 

 

 睡眠
睡眠も男性ホルモンに大きく影響を受けるポイントです。 男性ホルモンは夜間に分泌されて、昼間下がったホルモン値も睡眠中に回復します。

 

最も大事なポイントは眠りのリズムを整えることで、そのためには朝起きる時間絶対に一定化させることが最重要になってきます。

 

男性ホルモンを増やす睡眠方法を次のページで紹介します!  睡眠の方法

 

 

 

 運動することで男性ホルモンは活性化する
運動で男性ホルモンを増やせる事が最近の研究でわかっています。

 

とはいっても、いきなりジムへ行ってベンチプレスをしろ!というわけではなく、実際にはウォーキングを始めるだけでよく、実際にウォーキングなどの有酸素運動を取り入れたところ、男性ホルモンの増加効果があったというデータもあります。

 

その他ににも男性ホルモンを増やす効率的な運動があります!
男性ホルモンを増やす運動

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

サイト管理人がおすすめするNo1の精力剤!