MENU

精力を上げる食べ物編

 
このエントリーをはてなブックマークに追加   

男性は絶えずわが息子の奮起を願いつつ強制剤、強精食、強精法をワラをもつかむ気持ちでたずねあぐねているものですね。

 

強精といっても、仕事が終わった後にホルモン料理や豚の料理を食べてすぐその晩にお役に立ちますといった即効性はありません。

 

しかし、強精食は摂り方によっては良い結果をもらたします。

 

このページではそのような精力を強化する栄養素をあげていきます。

 

 

  • タンパク質
  • ミネラル
  • タウリン
  • 尿道を刺激する栄養食品
  • 強精ホルモン

 

 

 

タンパク質

日本人のタンパク質の摂取量は、欧米人の約50%程度で少ないくらいで全然足りていないのが現状です。

 

しかしながら、動物性タンパク質の摂り過ぎは問題になっておりますので、大豆などの植物性タンパク質を摂ると良いでしょう。

 

大豆タンパクには必須アミノ酸のバランスが優れているからです。

 

基礎代謝をアップさせる働きがあり、免疫システムの維持などにかかわるだけではなく、精力が強くなる、アルギニンが多く含まれています。

 

 精力とタンパク質の関係について

 

 

 

 

ミネラル

性欲に必要な栄養素のひとつは、カルシウム、亜鉛、ヨード、鉄、リンなどです。

 

 

やはり、日本人の摂取量はまだまだ少なく、小魚やカキなどの魚貝類、ナッツ類などがあります。

 

 

タウリン

アサリ、シジミ、タコ、イカなどに含まれており、これらはタウリンの他にミネラルも含まれています。

 

 

 

尿道を刺激する栄養食品

ニンニク、ニラ、セロリ、アスパラガスなどの有香食品で、性的興奮をそそる食品になります。

 

 

 

 

 

精力絶倫の男性が必ず摂っている成分

  • 亜鉛
  • アルギニン
  • シトルリン
  • セレン(セレニウム)

 

 

亜鉛

亜鉛は男性ホルモンの合成にも関係していることからセックスミネラルと呼ばれています。

 

 

アルギニン

 

シトルリン

 

 

セレン

ビタミンEの60倍以上の抗酸化力を持つ必須ミネラルの一種です。

 

ガン予防や老化防止、前立腺ガン予防、全ガン死亡率の減少といった有効性が示されています。

 

摂取したセレンの3割が生殖器に蓄えられることから、精子の運動能力や量に重要な関係があります。

 

干しエビ、生マグロ、明太子、ウニ、ニンニク、穀物、ナッツ類などに含まれています。

 

 

 

 

 

精力のつく食べ物

基本的には、亜鉛などのミネラルを多く含み、滋養強壮作用のある食べ物を中心に摂るのがベストですね!

 

それでは、一般的に性機能改善のための「精がつく」と言われている代表的な食品をご紹介します!

 

牡蠣
男性ホルモンに不可欠な栄養素の亜鉛が豊富で、精力増強作用のある鉄分やタウリンも豊富で、あらゆる食品の中でも最高の亜鉛含有量を誇りますが、秋〜冬にしか食べれませんね。

 

牛レバー
精力回復のためのミネラルと亜鉛が豊富に含まれます。

 

ウナギ
ビタミン類や亜鉛を多く含み、疲労回復やホルモン分泌の促進、精力増進効果がありますが、値段が高いですね。

 

ゴマ
滋養強壮作用が高く、勃起不全の改善にも効果があります。

 

ヤマイモ
いわゆるネバネバ系というやつで滋養強壮作用があり、男性ホルモンを活性化して勃起力をアップさせます。

 

にんにく
精力減退に効果のあるビタミンB群や亜鉛、アルギニンが豊富で、コストも安く抑えられます。

 

アスパラ
ビタミン類や亜鉛、アスパラギン酸などが含まれ、精力増強作用があり!

 

 

しかし、これらの精力がつく栄養素を毎日食べ物から摂るとなるのは、費用的にも高くなりますし料理を作る奥さまもきっと大変なはずです!

 

よって、上記で紹介した栄養素をバランスよく配合した精力剤で補給することも簡単なので良いと思います。 精力剤

 

 

 

 

テストステロンが増える玉ねぎ氷

男性ホルモンの元になるテストステロンを増やす食材!
として注目されているのが玉ねぎです。

 

玉ねぎを効果的に摂れる玉ねぎアイスとは?  玉ねぎ氷

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

サイト管理人がおすすめするNo1の精力剤!