MENU
 

日付 2016年5月26日
性機能改善薬を無許可販売の疑い
ウィンロードが販売していたイエローキャブ

 

医薬品成分を含む精力剤を無許可で販売したとして、千葉県警が2016年5月26日医薬品医療機器法違反容疑で、健康食品販売会社「ウィンロード」(千葉県市川市)の元会長三上考則(63歳)、元社長安藤久(51歳)ら5容疑者が逮捕されました。

 

 

千葉県警生活経済課によると、ウィンロードの顧客は全国で約27,000人おり、2011〜2015年の間に、この精力剤を84万錠、約8億5000万円を売り上げていた。

 

逮捕容疑は、2015年2月、医薬品の「シルデナフィル」を含有する精力剤10錠を無許可販売した疑い。

 

ウィンロードが販売していたのはイエローキャブという商品で、韓国から輸入した薬にイエローキャブという名前をつけて、国内でダイレクトメールなどでお客を募って通信販売をしていました。

 

1錠1,000円程度で売りさばいていたようですね。

 

ウィンロードで働いていた元従業員の人間が、ウィンロードの悪行を警察にチクったことから発覚したようです。