MENU

偽バイアグラ 30万錠押収

 

2016年10月11日
偽バイアグラ 30万錠押収!!

 

大阪市内で、ED治療薬のバイアグラの偽物を隠し持っていたとして、大阪府警が台湾籍のチュイ・シュウホア容疑者を逮捕し、錠剤約30万錠を押収されました。

 

その数は過去最大級という。

 

警察関係者によると、大阪市西成区のアパートの一室で、バイアグラの製造元の米・ファイザー社を真似た偽物の薬を保持していた疑い。

 

 

大阪府警はこの部屋などを調べ上げ、偽物とみられる約30万錠や国際郵便、国内の宅配便の伝票を見つけてすぐに押収しました。

 

大阪府警は、男らが外国からの偽物の輸入品をネット等で売りさばいていたとみて、医薬品医療機器法違反容疑でも調査中です。

 

バイアグラに関しては個人使用ならば個人輸入が許可されているので、輸入代行業者が乱立しており、偽バイアグラ販売も横行している。

 

 

偽物には、正規品より主成分の含有量が多いリスクの高い薬もあり、海外では死亡例もたくさんあります。

 

やはり、こういう事件を見ると個人輸入サイト等によるバイアグラの個人輸入は本当に怖いです。

 

 

 関連コンテンツ

 

サイト管理人がおすすめするNo1の精力剤!