MENU

薬輸入代行サイトが大量に閉鎖に追い込まれた!

 

2017年の3月2日(木)の 日本経済新聞に薬輸入代行サイトが大量に閉鎖に追い込まれた!という記事が掲載されました。

 

 

 

海外の医薬品の個人輸入代行サイトの大半が広告規制に違反しているとして約2500サイトが閉鎖されました。

 

 

アメリカのオレゴン州ポートランドのネット監視会社 レジットスクリプト(LegitScript)のによると日本語の不正サイトは現在約2200サイト把握しているとのこと。

 

 

同社は、ヘルスケア分野の不正サイトの監視・調査をしており、2014年度から厚労省の委託を受けて日本語のサイトの監視を始めています。

 

 

日本の法令では、医薬品の個人輸入は原則禁止していないために多くの個人輸入代行会社がオンライン上で海外の医薬品などを取り扱っているのが現状です。

 

 

ただ、不特定多数に医薬品輸入の希望を募る記載があれば、医薬品医療機器法(旧薬事法)68条の未承認薬の広告禁止規定に抵触する恐れがあります。

 

 

(レジットスクリプト社について知りたい方はこちら。 レッドスクリプト

 

 

 

レジットスクリプト社の取り組み

 

 

レジットスクリプトが2013年、医薬品の個人輸入関連の約1500サイトを調べたところ、9割を超えるサイトに同法違反の疑いがありました。

 

 

国内未承認の精力剤や低容量ピル、ダイエット薬を扱う例が多いです。

 

 

同社は違法性が高いサイトを見つけた場合、ネット上の住所に当たるドメイン名の登録会社に閉鎖を要請し、ドメイン名を使えないようにしています。

 

 

2014年度以降同社は、日本語サイト約2500サイトの閉鎖に成功。

 

 

しかし、閉鎖要請に非協力的な国内登録会社もあり、こうした登録会社が避難所として利用され輸入代行サイトを続ける業者が多いのが現状だと言います。

 

 

 

税関での偽造品の輸入が急増!

その証拠として、税関の偽造品の輸入が急増しています。

 

財務省の関税局によると2015年度の各地の税関が知的財産の侵害を理由に水際で輸入を差し止めた医薬品は約9万点弱。

 

2006年度の約4000点を基準とするとたったの9年で約23倍に激増しています。

 

大半は錠剤やパッケージに不正にロゴマークなどを刻印した商標法違反で偽造品と見られています。