MENU

ふにゃちん(フニャチン)

 

性欲はあり興奮しているのにも関わらずフル勃起しない「ふにゃちん

 

新陳代謝が徐々に悪くなる40代〜50代の男性、糖尿病や、糖尿病予備軍の男性も「ふにゃちん」 になりやすいと言えます。

 

フニャチンで悩む男性

セックス中もあまり硬くならないので中折れしてしまう・・・なので激しいピストン運動もできない、最終的に女性を満足させることができない・・・

 

このような柔らかいペニスの悩みを持っている男性は結構います。

 

性欲はあるのにペニスが全く反応しないというのは完全にEDですが、ふにゃちんに関しては、セックスの悩みの中ではまだ治しやすい部類に入る症状と言えます。

 

 

 

 

ふにゃちんの原因

ふにゃちんの原因は、ペニスの海綿体へ流れ込む血液量不足と精力不足からくるケースがほとんどです。

 

勃起力、ペニスの硬さはペニスに流れ込む血液の絶対量で決まりますので、ふにゃちんになってしまう男性は、フル勃起時にペニスに流れる血液量が明らかに不足しているのです。

 

 

 

男性ホルモンの低下
男性ホルモンの分泌量が多いほどペニスが硬くなりますが、男性ホルモンの分泌量が低下している方はふにゃちんになる傾向が見られます。

 

一般的には40代から男性ホルモン量が減少していきますので、特に40代以降は意識して男性ホルモンの分泌量を上げる努力をしなければなりません。

 

男性ホルモンの分泌量を上げる方法

 

 

 

ペニスを硬くする方法

 

ペニスへの血液量を上げる方法として考えられるのがサプリ等に含まれている 「シトルリン」という成分を意識して摂ることです。

 

 

シトルリンには血管を広げる作用があり、血管が広がれば血液の流れもスムーズになって、ペニスの海綿体により多くの血液が流れこむようになるのでその血流が増えた分ペニスが硬くなるという具合です。

 

シトルリンを多く含むサプリ

シトルリンサプリ

 

ふにゃちんを改善して硬いペニスを目指すなら、シトルリンを多く配合した 「ゼファルリン」 という商品がいいと思います。

 

 

数あるサプリの中でもトップクラスのシトルリン配合量ですし、

 

  • アルギニンなどのアミノ酸
  • マカ、トンカットアリなどの植物性生薬
  • すっぽんなどの動物性生薬

 

これらが豊富に配合されていて、ペニスの反応も改善されます。

 

 

 

PC筋を鍛える
シトルリンを摂ってペニス内の血流量をあげながら、恥骨と尾骨をつないでいるPC筋を鍛えるとさらに効果的です。

 

その理由は、PC筋を鍛えあげるとフル勃起状態のペニスの海綿体から血液が戻りにくくなるので勃起力が向上するというわけですね。

 

PC筋の鍛え方については別のページでご紹介しています。  PC筋の鍛え方

 

 

 

これは最終手段ですが・・・

 

 

あとは、手術するという方法もありますよ。

 

ペニスへの血液流入量をアップさせるためのED1000という最新のマシンによる手術があります。 気になる術後の勃起力が改善する確率は約7割前後ですが、40万円程度の高額な手術代がかかりますのでリスクは高めと言っておきましょう。


 


ED1000を導入済のクリニックはこちら!

 

 

● 精力の底力をアップさせる 精力剤

 

サイト管理人がおすすめするNo1の精力剤!